Written By mathew

NBA2011/12-2019/20シーズンの両カンファレンス王者のデータ推移と今シーズン王者レイカーズの違いを考察①

NBA Recommend

新しい時代を切り拓く可能性のある最新王者レイカーズ

この10年間の流れを変える可能性のあるレイカーズは新しいのか古いのか

NBA2011/12-2019/20シーズンのリーグ平均eFG%(シュート効率)


この10年間ほぼほぼ東西ともにPPP(得点効率)やeFG%(シュート効率)の高いチームがファイナルを争い、シーズンで優勝に値すると評される可能性が高いチームでした。
しかし前記事の通り、レイカーズは十分5位は高いものの、これまでファイナルやリーグの覇権を争ったウォリアーズやバックス、キャバリアーズにロケッツ、更なる前ではヒートやスパーズがeFG%で1位2位を争ってきたが、5位というのは優勝するチームとしては物足りなさを感じます。
しかしそこにレイカーズの新しい時代を切り拓く?もしくは少し前の時代に時計を戻す?この10年では異なる時代を作っていく可能性を感じさせるデータであり、勝利でした。
west_1stteam_eFG
west_1stteam_eFG2
上から2011/12シーズン→2019/20シーズンまでの毎年の西のレギュラーシーズン王者のeFG%です。
Rankの順位は東西全チームの中での順位です。西で勝つチームは、eFG%で勝っているチームがレギュラーシーズンを制していることがわかるデータです。
特に2015/16シーズンから2018/19シーズンのウォリアーズは分かりやすく数字を伸ばしており、シュート効率の良さからの得点効率の高さで、リーグを制してきたことがわかります。
eFG%を制することが勝利への近道だというのは、西にやや遅れて取り組んだ東の数字からも分かります。
east_1stteam_eFG
east_1stteam_eFG2
2012/13シーズン時にヒートが、その時代では先鋭的にeFG%を高め、NBAを制しました。
その頃はレブロンやウェイド、当時としては珍しい3Pを武器にするビッグマンとなったボッシュ、レイ・アレンといった名将エリック・スポールストラのもと素晴らしく、しかし奇跡的な組み合わせが重なった時代を切り拓くバスケを展開していました。
しかしレブロンがキャバリアーズに戻り、やや前時代的なバスケで勝つようになると東では必ずしもeFG%が高いチームが勝つわけではない期間がありました。
しかしここ2年ではバックスが、eFG%を高め、レギュラーシーズンでは圧倒的な戦いを見せています。
また2019/20シーズンのプレーオフでバックスが敗れた相手が、同じくeFG%の高く、スポールストラのもと時代を切り拓いたヒートというのも奇跡的な巡り合わせを感じます。

では2019/20シーズンを制したレイカーズはどこの数字が高いのか

2019-2020lakers
この私が集計しているデータでは、レイカーズの何がいいかが見出せませんでした。
逆を言えば、ハワード・マギー・そしてADとレブロンとビッグマンや動ける器用なビッグマンがいて、カルーソ・ロンド・KCPなどPGも充実していて、バランスが非常によく戦術的柔軟性が高いチームなのではないかという風に思いました。(フワッとしている。。。笑)
そしてこのままでは、データ的な説得力が足りないと思い、ネットサーフィンで下記サイトに出会い、データからわかる強さの一端が垣間見えました。
https://www.tsp21.com/sports/nba/stats/defense.html?18
被ブロック1位・被リバウンド2位と、空中戦を制していることが分かりました。
その上で、全体的な数字がバランスがいいのだから、強いチームであることが分かります。
ただし今回のこの記事では、まだレイカーズが新しい時代を切り拓くチームの戦い方のモデルケースとなるのか全容が見えてこないため、もう少し深掘りする必要がありそうです。
もう少しデータ収集をして、再度2019/20シーズンのレイカーズを考察致します。