Written By mathew

NBA2011/12-2019/20シーズンのリーグ平均推移PTS(ポイント)

NBA Recommend

NBAの攻撃の変化

この10年どのように変化してきたかポイントのデータを見てみる

NBA2015/16-2019/20シーズンのウォリアーズスタッツ推移(得点効率/攻撃回数/eFG%)


前回ウォリアーズの過去5シーズンの推移をデータで見てきたのですが、その際にPOSS(攻撃回数)のリーグ自体の数字が上がってきているということを書きました。
そこで実際にどのように数字が変化してきているのか、まずはPTS(ポイント)がどのように推移してきたかを見てみたいと思いました。
またNBA.comでは2011/12シーズンまでの数字が拾えましたので、2011/12~2019/20シーズンの9シーズンの推移を見てみたいと思います。

2011/12~2019/20シーズンのリーグ平均のデータ

まずはPTS(ポイント)からいってみます。
PTS11-20
見てみると2014/15シーズンだけ前年比較でやや下がっているものの、毎年増加傾向にあります。
2013/14シーズン・そして2018/19シーズンに大きく数字を伸ばしています。

それでは各ターニングポイントの年と前年を比較で見てみましょう。
12/13-13/14PTS
まず2012/13シーズンは、マイアミ・ヒートがサンアントニオ・スパーズを破り、ファイナルを制覇した年で、2013/14シーズンは逆にスパーズがヒートを破りファイナルを制覇した年となります。
シーズンMVPは、2012/13がレブロン・ジェームズ・2013/14がケビン・デュラントで、得点王は2012/13がカーメロ・アンソニー・2013/14がMVPのケビン・デュラントでした。
また2012/13シーズン前のドラフトでは、アンソニー・デイビスやデイミアン・リラード、ブラッドリー・ビール、ドレイモンド・グリーンにクリス・ミドルトンといった今の時代を形成するスターが指名され、2013/14シーズン前のドラフトでは、直近2シーズン連続シーズンMVPとなるヤニス・アデトクンボにビクター・オラディポやルディ・ゴベア、C・J・マッカラムと言ったスターが指名され、両シーズンとも豊作のドラフトでした。
そんな両シーズンですが、2012/13→2013/14シーズンで、ポイントが100点を超えるチームが11チーム→16チームに増えています。
特に両シーズンを比較し、大きく伸ばしているチームが、10点ほど上昇させているティンバーウルブズとサンズ、9点ほど伸ばしているトレイルブレイザーズ、7点ほど伸ばしているウィザーズが際立っています。

ティンバーウルブズは、ニコラ・ペコビッチの成長やルビオやケビン・ラブを中心として得点力を伸ばし、サンズはコーチ未経験のホーセナックがチームを立て直し、ゴラン・ドラギッチやモリス兄弟にPJタッカーやエリック・ブレッドソーなど今も活躍を続ける選手を抱えてのシーズンでした。
トレイルブレイザーズは前年に新人王を獲得したリラードが2年目ながらオールスターに選ばれる成長を見せ、同様にオールスターに選出されたラマーカス・オルドリッジを中心としたチームで、ウィザーズはジョン・ウォールがフル出場し、2年目のブラッドリー・ビールと活きのいいチームでした。
こうやって振り返ってみると、今では当たり前に3Pが上手い選手が多く加入や2シーズン目を迎えているチームが得点を伸ばしているように見えました。もしかするとウォリアーズが躍進を始める手前の時期ではあるので、他のチームも今の3Pの多い時代に繋がっていく2013/14シーズンだったのかもしれません。

17/18-18/19PTS
続いて2017/18と2018/19の比較です。ここではなんと約5点ほど平均PTSを伸ばしています。
まず2017/18シーズンは、ウォリアーズがキャバリアーズを破り、4年間で4度目のファイナルで3度目の制覇を成し遂げた年です。シーズンMVPはジェームズ・ハーデンが得点王と共に獲得しています。
2018/19シーズンは、ラプターズがウォリアーズを破り、初めてのNBAチャンピオンに輝きました。シーズンMVPはヤニス・アデトクンボです。ジェームズ・ハーデンが2年連続の得点王を獲得しています。
各年のドラフトでは、2017/18シーズンがマイケル・フルツが1位指名、その他には既にオールスターにも選出をされているジェイソン・テイタムやドノバン・ミッチェル、バム・アデバヨに印象的な活躍をしているロンゾ・ボールやディアロン・フォックス、カイル・クーズマが指名を受けています。新人王はベン・シモンズ。
2018/19シーズンは、ディアンドレ・エイトンが1位指名を受け、2019/20シーズンにオールスターのスターターに早くも選出されるルカ・ドンチッチとトレイ・ヤングの2大スターにシェイ・ギルジャス・アレクサンダーやディボンテ・グラハム、ドラフト外でケンドリック・ナンがNBAキャリアを始めています。新人王にはルカ・ドンチッチが選出されています。

2017/18シーズン→2018/19シーズンにかけて100点超えチームは28チームから30チーム(全て!!)に増えています。
前述の2012/13シーズンでは11チームでしたから、それだけ見てもリーグ全体で得点力向上していることがわかります。
中でもミルウォーキー・バックスは12点ほど伸ばし、大きく進化を遂げています。HCがマイク・ビューデンホルツァーになり、ヤニスのMVPへの飛翔やクリス・ミドルトンがオールスターに選出されるほどの活躍を見せ、ブレッドソーやブログドン、新加入のブルック・ロペスが3Pを多投する新チームが機能し、リーグ最多勝となる大飛躍を成し遂げました。
トレイルブレイザーズがこの年も9点ほど上昇させています。リラードがエースとして牽引し、C・J・マッカラムと2頭体制でひっぱり、ユスフ・ヌルキッチやエバン・ターナーなどもおり、チームも西決勝まで進む躍進を果たしました。またリーグがポイント平均を大きくあげる年には例外なくブレイザーズも上がっており、リーグの攻撃変化を感じ取り、先頭集団を走るチームとなっているかもしれません。
ウィザーズも8点ほど上がっており、ジョン・ウォール不在の中エースの責任感からかブラッドリー・ビールが、3点ほど平均点を上げており、その活躍もあってかチームの得点力も向上しています。

リーグの得点力向上は止まることを知りません。特にこの2010年代はウォリアーズが3Pを戦術の中心に据え、他のチームも追いかけるように進化してきた歴史でした。
次回は、他の数字をピックアップして見ていきます。