Written By mathew

NBA2020/21シーズン・2020年日程終了!!ここまでの攻撃スタッツ上位チームを見てみる

NBA Recommend

NBA.comのStatsページから得たデータを元に数字を分析していきたいと思います。
今回は、2020/21シーズンの2020年日程が終了したところで、攻撃スタッツ上位チームを見てみようと思います。
どの攻撃スタッツが勝率上位チームとリンクした数字となっているのか少し掘ってみようと思います。

NBAStats用語メモ


  1. 2020/21シーズン現地時間12/31終わり順位
  2. 各レーティング
  3. 攻撃スタッツ

2020/21シーズン現地時間12/31終わり順位

1231rank
ここまで大体4,5試合行なって勝率で1位となったのは、ペイサーズ・クリッパーズ・マジック・シクサーズ・サンズの5チームです。
ペイサーズ・クリッパーズは昨年までの主力中心にほぼ継続路線、シクサーズとサンズは補強がうまくいっていることが垣間見える出だしとなりました。
意外なところではマジック。ゴードンやブーチェビッチ、フルツといったメンバーはいるもののサプライズな好スタートとなりました。

各レーティング

offrtg
まずはOFFRTG。ホークス・バックス・レイカーズがずば抜けている中、注目はホークスです。
先日の記事でも取り上げた通りに好調さを証明する数字となりました。
ただし先程の勝率で1位に並んだ5チームでは、OFFRTGで6位に出てくるクリッパーズが一番上とOFFRTGが高ければ上位ということではないことを証明しています。
defrtg
続いてDEFRTG。ここではシクサーズ・サンズ・ラプターズが上位と、シクサーズとサンズが1位2位と勝利に直接結びついていることがわかります。
またペイサーズとマジックも上位半分に入っており、失点の少ないチームが勝率上位にきています。

攻撃スタッツ

fg%
3p%
ft%
このフィールドゴール成功率・3P成功率・フリースロー成功率を見てみる、フリースロー成功率の上位チームと勝率の高いチームに関連性がありそうなことが見えてきます。
ホークス・マジック・クリッパーズ・サンズ・ネッツ・シクサーズあたりの今シーズン出だし好調なチームが顔を揃えています。
2ndchance
fastbreak
paint
勝率上位チームの中でレイカーズ・ホークス・マジックが2ndチャンスポイントで上位につけ、ファストブレイクポイントでは、ペイサーズ・レイカーズが上位につけています。
そして驚くべきは、ペイント内での得点でペイサーズが圧倒しています。サボニスとターナーのビッグマンをブログドンやオラディポにホリデー兄弟が良質なパスを出すイメージがあり、ペイントを制していることがわかります。
今シーズンの出だしではEFG%上位チームが必ずしも上位に来ない昨シーズンまでとは違う雰囲気のシーズンとなっています。
EFG%