Written By mathew

NBA-勝つために必要な相関データを調べてみました①-96/97~19/20シーズン

NBA Recommend

NBA.comのStatsページから得たデータを元に数字を分析していきたいと思います。
今回はチームが勝つために必要な相関データを調べてみました。
今回相関分析を活用しました。一方が変化すると、もう一方も変化する関係を数字で測るのが「相関分析」です。
この値が0.7を超えると相関が高いといえます。EXCELではCORREL関数で求めることが出来ます。
各データのスタッツ名の解説のページも作ってみましたので参考にしてみてください。

NBAStats用語メモ

  1. NETRTGと勝利数の相関関係
  2. TS%とNETRTGの相関関係
  3. EFG%とTS%の相関関係
  4. AST/RATIOとEFG%の相関関係

NETRTGと勝利数の相関関係

NETRTG
まず当たり前かとは思いますが、NETRTG(100ポゼッションあたりの得失点差)です。
やはりこちらが高ければ勝利に繋がります。得点を獲る・失点を減らすことが勝利への道であることは当たり前ですね。
当然ながら25年間ほどの期間、0.95~0.99の間をキープしています。

TS%とNETRTGの相関関係

TS%
続いてNETRTGとTS%の相関関係です。TS%とはTrue Shooting%(3PとFTのインパクトを含めたシュート成功率)です。
3Pと2Pを合わせたフィールドゴールだけでなく、フリースローも含めて精度高く決めれるかの指標です。
98-99/03-04/05-06/06-07シーズンと例外はあるものの07-08シーズン以降の13シーズンは、0.71以上をキープと勝利数に相関が高い、ほぼイコールだったNETRTGと高い相関関係があることを示しています。
つまり勝利数と相関関係が高いということです。
3P主流となった昨今のNBAを象徴し、かつ確かにフリースローを決めるのがうまい選手がいるチームが勝っているイメージがあるのは、この数字が示していると考えられます。
2019-203P%TOP10
2019-20FT%TOP10
3P%(条件GP56以上,3PA3.4以上)とFT%(条件GP56以上,FTA3以上)で2019-20シーズンの選手TOP10を出してみました。
両方にランクインしたのは、クリス・ミドルトン(バックス)とJJレディック(ペリカンズ)。選手が揃わず苦戦する中奮闘し、プレーオフ争いまで浮上したペリカンズのJJレディックと、シーズン最多勝であったバックスのオールスタープレイヤーであるミドルトンと貴重な選手であるイメージ通り数字も残していました。
レディックのペリカンズは勝ちに繋がっている証明とは言いづらいですが、シクサーズがバトラーだけでなくレディックも失ったことが2019-20シーズンのプレーオフで惨敗したことは無関係では無さそうです。
ミドルトンの存在は勝敗に直結していそう。

EFG%とTS%の相関関係

EFG%
TS%とEFG%の相関関係を見てみます。
EFG%とは、フィールドゴールの効率/3Pシュートに1.5倍の重みをつけた場合のFG%です。
3Pを重きにおいてシュート効率ともいえるので、TS%とはほぼ同義ほどの相関の高さが見えます。

AST/RATIOとEFG%の相関関係

AST-RATIO
続いてEFG%とAST/RATIO(100ポゼッションあたりのアシスト数)の相関関係をみていきます。
どうしたら効率的にシュートを撃つことが出来るか、効率よくフリースローをもらえるかを考えるときにアシストが有効であるというデータとなります。
2019-20シーズンの以上な低さは例外的ですが、2014-15~2018-19シーズンは0.6以上と相関関係が高めであることがわかります。
これはウォリアーズが崩壊した2019-20シーズンは低く、ウォリアーズ王朝であった5シーズンは高かったことがわかり、アシストをすることで効率的にシュートを撃つ先頭集団としてウォリアーズがいたことがわかります。
2019-20シーズンが今後のトレンドとなっていくのか、カリーとグリーンの本格復帰にウィギンズ、ウーブレイJR.らが再びアシストでより効率の高いシュートを撃つボールムーブを見せてくれるのか楽しみです。