Written By mathew

データサイエンス基本(無限母集団と散らばり)-統計学-

ALL DataScience Study

データサイエンスを学ぶために、基礎的な統計学を学びました。
復習も兼ねてメモしてみました。

見てくださった方のお役に立てたら幸いです。

無限母集団

無限母集団には、各データは無限個存在。
その観測しやすさはそれぞれ異なる。
ランダム・サンプリングの仮定とは、
十分な観測を行い、ヒストグラムにすると、
母集団の分布が再現されるという仮定。
母集団の平均値μを母平均といい、
μ=データの数値×相対度数の和

母集団のデータの散らばり具合

母集団のデータの散らばり具合を表す統計量が、
母標準偏差である。
母集団偏差の求め方
偏差=(データの数値)-(母平均μ)
母平均μ2乗={(偏差の2乗)×(池の広さ)}の合計
母標準偏差σ=√(母平均σ2乗)