Written By mathew

データサイエンス基本(OpenCVを使用して画像表示や字を描く)-Python-

ALL DataScience Study

データサイエンスを学ぶために、Pythonの基本的な画像検出を学びました。
復習も兼ねてメモしてみました。

見てくださった方のお役に立てたら幸いです。

画像表示

画像を表示する cv2.imread(‘画像ファイル名’)
画像の中心に円を描く
#まず画像の中心を求めます
img_height = int(img.shape[0] / 2) #画像の縦半分の数値を求める
img_width = int(img.shape[1] / 2) #画像の横半分の数値を求める
画像の中心に円を描く
#画像の中心に描く円を設定する
cv2.circle(img,(img_width,img_height),200,(0,200,255),3)
#cv2.circle(画像と円,(円の中心軸),半径,(色),種類)
画像の中心に円を描く
#画像と円を表示する
cv2.imshow(‘画像の中心に円’,img)
#cv2.imshow(‘ウィンドウのタイトル’,画像と円)

画像を選んで表示する

準備 import sys
import cv2
#cv2読み込みの上でsysを読み込む
画像ファイルが指定されているかチェックする if len(sys.argv)<2:   print('表示したいファイル名を指定してください。')   sys.exit() #ファイルが指定されていないので強制終了する
渡されたファイル名を受け取る file = sys.argv[1]
画像ファイルを読み込む img = cv2.imread(file)
画像の表示を入力する cv2.imshow(file,img)
ターミナルで動かしてみる python 対象pythonファイル名 画像ファイル名

文字を描いてみる

画像に文字を描く方法 cv2.putText(円を描く画像,”描く文字”,(表示する座標),cv2.FONT_HERSHEY_COMPLEX,文字サイズ,(色),文字描画の線の太さ
#cv2.FONT_HERSHEY_COMPLEXは、文字の種類(フォント)