Written By mathew

データサイエンス基本(OpenCVを使用して円や四角を描く)-Python-

ALL DataScience Study

データサイエンスを学ぶために、Pythonの基本的な画像検出を学びました。
復習も兼ねてメモしてみました。

見てくださった方のお役に立てたら幸いです。

準備

OpenCVの機能を使用する準備 import cv2 #OpenCVの機能を使う
import numpy #キャンパス作成用

円を描く

①黒色のキャンパスを作る img = numpy.zeros((500,500,3),numpy.unit8)
#画像 = numpy.zeros((キャンパスサイズとチャンネル数),データ型)
②円を描く cv2.circle(img,(250,250),200,(0,200,255))
#cv2.circle(円を描く対象の画像,(円の中心座標),半径,(色)
③描いた円を表示する cv2.imshow(‘View Circle’,img)
#cv2.imshow(‘表示窓のタイトル’,画像)
④画像の表示窓をゆっくり見る方法 cv2.waitKey(0) #スペース押すまで待っている
cv2.destroyAllWindows() #表示窓を閉じて終了
#この二行が無いと自動で即閉じてしまうが、あるとスペース押すまで閉じなくなる。

四角を描く

①見やすくする為、キャンパスの色を白にする
※円を描くの①の下に続けて入力する。
img[:,:] = [255,255,255]
②四角を描く
※円を描くの②の代わりに入力する。
cv2.rectangle(img,(200,50),(300,150),(0,0,200),3,4)
#cv2.rectangle(四角を描く画像,(左上座標),(右下座標),(色),太さ,種類)
※左上座標⇨四角の開始点をX,Y座標で指定/右下座標⇨四角の終了点をX,Y座標で指定/色⇨RGBで指定/種類⇨標準的な線は「4」