Written By mathew

データサイエンス基本(様々な平均値の求め方)-統計学-

ALL DataScience Study

データサイエンスを学ぶために、基礎的な統計学を学びました。
復習も兼ねてメモしてみました。

見てくださった方のお役に立てたら幸いです。

平均値

平均値の求め方① 階級値×相対度数の合計は、ほぼ平均値
算術平均 xとyの平均を出したい場合
(x+y)/2
相乗平均(幾何平均) √xy #ルートxy
成長率を平均する場合などに使用する。
二乗平均 √(x2乗+y2乗)/2
標準偏差で使用する。
√ルート ルートの中身になる2乗の数を求める。
例:√4の場合は、4=2の2乗の為、√4は2。
※EXCELでは、√は、=SQRT()関数で求める。
2乗 ※EXCELでは、2^2と入力すると2の2乗となる。
例えば、(3+2)^2の場合は、(3+2)の2乗。
調和平均 2/(1/x+1/y)
※速度などの平均を求める際に使用する。