Written By mathew

Recommend Music Vol.5

MUSIC Recommend

音のジャングルに飛び込みたい5枚

今週は、アルバムだけでなくDJ Mix含めた5作品をご紹介します。

⚫︎今週のおすすめ5枚
(アーティスト名/リリースタイトル)
・Sault/5
最初の1枚はこちら。
Sault(ソー)は、UKのインディ・ディスコ・バンド。

Micheal KiwanukaやJungleのプロデュースなど、イギリスの有望ソウル、ヒップホップアーティストのプロデュースを手掛けるDean Josiah(ディーン ジョサイア)が手掛ける謎多きバンド。

レーベルは、FOREVER LIVING ORIGINALS。
直近ではBlack Lives Matter運動に対するトリビュート作品として、アルバム「Untitled(Black Is)」をリリースし、強いメッセージを放っています。

そして紹介するのは2019年5月5日リリースのアルバム。
ほとんどSaultの情報はなく、ネットで検索してもほとんど情報が出てこない。
真意はわからないが、音が最大の情報というメッセージにも受け止められる。

ベース音とドラムのアンサンブルの気持ちいいグルーヴ。
引き込まれる心地いいヴォーカル。

テンポが気持ちよく、個人的にはウィスキー飲みながら聴きたくなります。
音の隙間にお酒を楽しみたい。
抜け出せなくなりそう。。。笑

・Kaoru Inoue/Of Mythic Future
2枚目はこちら。
Kaoru Inoue(カオル イノウエ)は、神奈川県出身のDJ・プロデューサー。
レーベルSeeds And Ground主宰。

キャリアは30年を超える。
Chari Chariとしても活動し、7月22日にはChari Chari名義としては18年ぶりとなるアルバムのリリースを控えています。

今回紹介するのは2020年6月18日リリースしたKaoru Inoue名義のアルバム。
自然の音を感じられる気持ちの良いサウンド。

ゆったりしたリズムやテンポの良い曲も混じった構成で、森や山の中のような空気感も感じられます。
4つ打ちだけでないサウンドの魅力があり、是非フジロックのDaydreamingで天空を感じながら、苗場の涼しく過ごしやすい、空気の澄んだ空間で聴いてみたいです。

想像しただけで、朝の今からビールを開けてしまいそう。。。笑

・Andy Stott/If Should Be Us
3枚目はこちら。
Andy Stott(アンディ ストット)は、イギリス・マンチェスターのポスト・インダストリアル、アンビエント、ドローンの潮流における最重要人物であり、ダブ・テクノ音楽のプロデューサー。

2019年11月8日リリース。
音の立体感が際立っていて、一音一音へのこだわりを強く感じる。

映画サウンドのようでもあるし、目を閉じて聴いたり、ふとリラックスしたいときに聴くと最高です。

・James Blake/Are You Even Real
4枚目はこちら。
James Blake(ジェイムス・ブレイク)は、イギリス・ロンドン出身のシンガーソングライター、音楽プロデューサーです。

2011年リリースのセルフネームタイトルのアルバムで衝撃を与えてから約10年の中で、ブライアン・イーのやRZA、Travis Scottなど豪華なゲストをアルバムに招きコラボしたり、ビヨンセのアルバム「レモネード」収録の「Forward」に参加したりと様々な経験をし、音楽の進化や変化を魅せてきたJames Blake。

初期作品の熱烈なファンは、最近の作品は少しJames Blakeの初期の感じが減少したように感じた人もいるかもしれないです。
(とはいえ最近の作品も好きだが。)

自分もそんな一人だが、今回のこのシングルはJames Blakeの初期の感じが多い、しかしこれまでの変化の感じも取れる気持ちいい曲です。

・Licaxxx/Boiler Room : Licaxxx in TOkyo, Dec 17, 2016
5枚目はこちら。(5枚目という表現は妥当ではないか。。。)
Licaxxx(リカックス)は、東京都出身のDJ。

幼少期からピアノ、中学・高校時代にはバンド活動、慶應大学在学中の19歳のころにDJとして活動を始め、若手女性DJとして注目を集めるようになりました。

最近ではクラブ・イベントでのDJ、ラジオDJやファッション誌のライター、音楽番組のMCなど多岐にわたる活躍をしています。

そんなLicaxxxの本人憧れのBoiler RoomでのDJ Mixがサブスクでリリースとなったので紹介します。
序盤の徐々に上げていく入りから、だんだんだんだん低音が増していく気持ちの良さ。

ゆったりとしたテンポの曲で気持ちよく踊れるし、お酒も進むし、仕事で何か作業をしている時も快適な作業用BGMとしても最高です。