Written By mathew

【仕事で活用】Slackショートカットキーメモ-入力編-

ALL Study 時短

今の現場でSlackを使用していて、マウスを使えない場面で、タッチパッドをあまり使いたくない時に使用しているショートカットキーをメモしていこうと思います。
自分自身、より仕事の生産性を上げていきたいと思っていて、マウスもタッチパッドも使わずに操作できたら時短にもなるし良いなあと思い、勉強にもなると思い、Slackを触って試してみました。

Slackの良いところは、対象のキーを触れるとショートカットキーが出てくるところです。
ただ対象のキーを触れたら、そのままクリックするかと思うので。。。笑

今回備忘録代わりにメモしました。
また今後発見あり次第更新していこうと思っています。

ちなみに適用中に同じコマンドを入力すると、適用解除出来ます。
例:太字から、太字ではない元の状態に戻すなど。

入力編

文字を太くする
= (Windows)control + B / (mac)command + B

slack_bold

文字を斜めにする
= (Windows)control + I / (mac)command + I

slack_italic

文字に取り消し線をいれる
= (Windows)control + shift + X / (mac) command + shift + X

slack_strikethrough

コードを入力する
= (Windows)control + shift + C / (mac)command + shift + C

slack_code

リンクを入れる(表に見える文字はわかりやすい言葉にして、リンク適用させておく)
= (Windows)control + shift + U / (mac)command + shift + U

slack_link

リストに番号を振る
= (Windows)control + shift + 7 / (mac)command + shift + 7

slack_orderlist

リストを箇条書きにする
= (Windows)control + shift + 8 / (mac)command + shift + 8

slack_bulletedlist

相手のメッセージのそれぞれに返信する際に、相手の文を引用する時に使用したりする
= (Windows)control + shift + 9 / (mac)command + shift + 9

slack_block

コードをブロックにしたり、他の人とのやりとりをまとめて囲んで、自分のチームに共有したりする
= (Windows)control + shift + alt + C / (mac)command + shift + option + C

slack_codeblock